葬儀」カテゴリーアーカイブ

合同葬のメリットについて

Published / by infoceremore

企業の創立者であったり社長や重役であったり、生前にその企業で活躍してくれた方が亡くなった場合、企業が主体となる葬儀・社葬を行ないたいもの。
企業をアピールする広報活動としての意味合いもありますし、残された社員たちが結束を図る機会にもなります。
ただ、体外にアピールするためにはある程度の費用がかかってきます。そのため中小企業には難しいもの。そんなときには遺族で合同で行なう葬儀・合同葬がよいでしょう。遺体を火葬するまでの流れも含まれるため取り急ぎ準備をする必要はあります。会社関係者と個人的に親交のあった人たちとが混在する中での葬儀となるので細心の注意が必要となります。ただ、葬儀費用について企業と遺族で話し合って決めることができます。それに企業を社会的にプレゼンテーションすることもできるのです。これが合同葬の一番のメリットであり、これまでは社葬を行なわなかった中小企業がこの方法を利用して執り行うケースが増えてきているのです。