一般的な葬式とは

葬式といえば、家族や親族だけで通夜をして、翌日に告別式を行い、たくさんの人に参列をしてもらうものというイメージがあります。告別式に来る人が多い場合には、家族はその対応に追われてしまい、十分に故人との別れに時間をとれないということもあります。私はおばあちゃんのお葬式に一度参加したことがありますが、葬式は大変なものというイメージを持ちました。また、告別式では参列者に出す食事代などもかかるので、参列者が多いほど費用がかかります。一般的な葬式にかかる費用は、120万円くらいと言われていますが、これは葬儀本体の費用です。参列者の食事代や、寺院費用なども合わせると200万円くらいになります。
最近では、火葬のみを行う、小規模な葬儀も増えているようです。景気が悪化して、お金が出せないという事情があるケースや、家族だけで故人を悼みたいという事情であるケースもあります。故人への気持ちは、かけたコストと比例しないので、小さなお葬式もよいかもしれません。