弔いの一つのかたち、海洋散骨

近年選ぶ人の多い自然散骨という弔い方法は、海・山・宇宙といったところに故人の焼骨を撒くものであり、故人の自然に還りたいといった遺志によるものがこういった方法を生み出しました。そのなかでも故人による希望で一番多いものが海での海洋散骨です。
海洋散骨では、漁業・航路を除外した、おおよそ海岸より1海里以上離れた箇所で、許可された場所でのみ、指定業者が遺骨を代理散骨します。遺骨は粉末化され、船舶にてもしくはヘリコプターで空から撒く場合があります。法的な範囲で節度をもって行う限りは、問題はありません。上記の条件の他に、喪服着用を避ける(公共の桟橋利用のため)、自然に還る副葬品のみ撒くことができる、線香使用禁止(火事防止)など、その取り仕切る特定業者によりきまりを設けています。
海洋散骨でのメリットは、墓地購入費用・管理費用がかからず金銭的負担が少ないということもあげられます。少子高齢化がよりすすみつつある現代では、そのニーズがさらに高くなると言われています。