家族葬とはどのような葬儀?

葬儀のスタイルの種類は最近多様化してきていますが、その中のひとつとして人気を集めているのが家族葬です。家族葬に対しての明確な定義と言うものはないとされていますが、一般的には家族や親しい友人を中心とした少人数での葬式スタイルということで認知されています。
家族葬のメリットは少人数で行われるので喪主を始めとした家族の負担が少ないと言うところにありますし、参加する人たちも思い入れの強い人たちが集まるので一人ひとりの思いが反映されやすくなっていると言うところが魅力とされています。その反面、葬儀に参加する人たちを限定すると言う事になるので後日「何故呼んでくれなかったのか」など参加しなかった人たちからの苦情などのトラブルが起きる可能性があるというデメリットもあります。そのため家族葬を行う場合は葬儀業者と相談しながら、どのような人たちを呼ぶのかなどアドバイスを受けながら行っていくことが大切だとされています。