個人葬とは違う社葬

社葬とは会社の創設者や社長等の役員や大きく貢献した人などが亡くなった場合に、その会社主体で行う葬儀のことです。また、職務中に殉職した場合にも社葬で故人をおくることがあります。法人の規模や葬儀の規模に関わらず、会社が費用負担をする場合は社葬となります。葬儀を執り行う場合、喪主は遺族になりますが施主はその費用の多くを用意する法人が施主となります。亡くなった方の地位や功績によって規模や費用の負担割合が変わるなど、施主をつとめる会社の基準によって異なります。葬儀の内容や意味は個人葬も社葬も大きく変わりはありませんが、社葬の場合は取引先や関係団体などが多く参列することになり比較的規模の大きな葬儀となります。そのため会社の印象や評価につながる場合もあります。また、葬儀の準備期間は短く失敗は許されません。その企業の重要人物が亡くなって取引先や関係各所に不安要素を与えないよう、準備から参列者の対応など配慮が必要となります。