葬儀の種類と傾向

葬儀には、一般葬と家族葬、密葬、直葬、0葬などがあります。一般葬は、セレモニーホールや自宅などで家族や親族以外に友人や知人、会社関係者に対して通夜と告別式を行う一般的な葬送方法であり、費用的にも総額で200万円を超えるケースが多くあります。家族葬は、読んで字の如く家族だけで気兼ねなくゆっくりと故人の思い出に浸り冥福を祈る事が出来る葬送方法です。密葬は、非常に多くの参列者がある場合に本葬を行う前に行われる家族や極限られた人達だけで故人を偲ぶ葬送方法です。直葬は、死後24時間以上を経過した後に通夜や葬式を行わず火葬を行う葬送方法です。葬祭会場の使用料や僧侶へのお布施などが不要なので費用的にも時間的にもメリットが大きいと増加しています。0葬は、非常に新しい葬送方法の1つで直葬を更に簡素にしています。0葬は、医療機関などで24時間以上を経過後に引き取りそのまま火葬を行い、更に遺骨の処理を火葬場に任せる究極に簡素な葬儀です。特に部分収骨の風習のある地域では増加傾向にあります。現在の葬儀は、不況の影響から費用を抑えた簡素な形が主流となっています。