社葬とは、どのような葬儀なの?

社葬とは、その企業に対して、何か大きな業績を残した方が亡くなられた時に、企業が執り行う葬儀のことです。一般的な葬儀が故人を弔って哀悼の意を表すものであるのに対し、故人が企業に残した業績や企業の今後の見通しなどをアピールするために行われるもので、社会的な意味合いが強いのが特徴です。もちろん、一般的な葬儀の施主は遺族であるのに対し、社葬は故人の属していた企業が施主になります。 会葬者数が多く、大規模な葬儀となりがちで、多大な費用がかかります。社外への告知活動や取締役会による社葬の決定、税務上の手続きなど、多岐にわたる手続きや準備が必要となります。また、儀式の進行に際しても、多くの会葬者への対応をはじめ、儀式がスムーズに行えるように、専門的な知識や経験が必要になってきます。このように、実際に事が起こってから検討するのでは間に合わない事柄がたくさんあるため、社葬については、あらかじめ取り扱い基準や社内規定のひとつとしての「社葬規定」 を定めている企業も多いです。