社葬とはなにか?

余り聞きなれない単語である社葬とは何でしょうか。これは基本的に大企業の経営者などが死去した時に行われるものです。企業主の死去ともなれば、その影響は決して小さいものではなく、会社の規模にもよりますが、時に国の経済に関わり、少なくとも多数の会社従業員に関与することです。従って、社葬とはそれらの影響力の強い人々を追悼し、同時に彼らの努力や功績を讃えることを目的に会社と遺族が合同で営む葬儀の形態となります。そのため、一般的に参列者が非常に多くなり、非常に大規模な葬儀が営まれることになります。当然、その費用もまた大規模なものとなり、参考URL(http://www.syasoh.com/price/budget.html)によると平均して1000万円前後は必要となるようです。しかし、その規模の社葬を行うことは社内の団結を高めることや、或いは会社の力を他社に対して示すことにも繋がりますので、行うことで得られるメリットは決して少ないものではありません。