家族葬とは小規模なお葬式

家族葬という葬儀スタイルが2000年頃から急速に広まり、都市部などでも利用するケースが多いでしょう。家族葬と言われても、名前の通り、小規模なイメージや親族のみで行うなどのイメージを持つ人も多いですが、葬儀会社によっては一般の葬儀を縮小したももので、ごく親しい友人らも参列出来る等、血縁者以外でも参列する事が可能です。依頼するケースによって規模や弔問する人数も異なります。
しかし、家族葬では招かれなかった友人や親戚などがどうしても出てくるでしょう。連絡をする際も「家族葬をした」と伝えておくと連絡を受けた側にも不満が出にくいでしょう。その際には弔問を後日したいという事も想定されるので対応していく事が望ましいでしょう。
家族葬を行う際のマナーとしてはこじんまりとした式を望む場合でラフな格好をするには禁物でしょう。せめて故人を偲ぶという点で平服を着る事が望ましいでしょう。ただし、火葬場に向かう場合などは喪服を着用する等、故人の為にも気をつけます。